簡単クリスマススイーツレシピ紹介♬*

スポンサーリンク
焼菓子

こんにちはrikuです^^
いつもご覧くださりありがとうございます!

本日は、予告しておりました
2020年のに作りました

 

*ジェノワーズ(スポンジケーキ)
*なめらかプリン
*マカロン

 

のレシピを3種をご紹介させていただきます!!!

 

ジェノワーズレシピ

◆材料(5号丸型(15cm))
  • 全卵    :100g
  • グラニュー糖:60g
  • 薄力粉   :50g
  • 無塩バター :10g

 

◆作り方
  1. ボウルに卵を入れ、ホイッパーでときほぐす。
  2. 1.にグラニュー糖を入れ、湯煎で約40℃まで温める。
  3. 湯煎から外し、さらにきめ細かくなるまで泡立てる。
  4. 白っぽくもったりしたら、ふるいにかけた薄力粉を入れ、粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜ合わせる。(混ぜている間に湯煎でバターを溶かす)
  5. 溶けたバターに4.の生地を少し入れ混ぜる。
  6. 5.の生地を4.に入れ、ゴムベラで均一に混ぜる。
  7. 型に流し込み、軽く空気抜きする。
  8. 170℃に予熱したオーブンで25~30分程焼く。
  9. 焼き上がったら、30cmほどの高さから型ごと落とし、型から外して生地を逆さまにして冷まして完成です。

 

なめらかプリンレシピ

◆材料(7個分)

~なめらかプリン~

  • アガー    :9g(a)
  • 牛乳     :400ml
  • 砂糖     :30g(a)
  • 卵黄     :2個(b)
  • 砂糖     :30g(b)
  • 生クリーム  :100g
  • バニラビーンズ:あれば1/3

 

~いちごソース~

  • いちご   :200g
  • グラニュー糖:大さじ3

 

◆作り方
  1. 鍋で(a)をよく混ぜ、その中に牛乳を入れる。
  2. 1.にバニラビーンズを入れ、沸騰させる。
  3. 大きめのボウルに(b)を入れ、白っぽくなるまでよく混ぜる。
  4. 3.に沸騰させた2.を少しずつ加えて混ぜ、濾す。
  5. 50~60℃に温めた生クリームを加える。
  6. プリンカップに流し入れ、冷蔵庫で冷やす。

 

いちごソースレシピ

  1. いちごのヘタを取り、半分に切ったものを耐熱ボウルに入れる。
  2. グラニュー糖をかけて500wで3分加熱して混ぜる。
  3. さらに3分加熱して混ぜ、アクが出たら取り除く。
  4. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

 

ソースを柑橘系に変えたり、桃のソースに変えたりすると
味のアレンジもでき、より楽しめますよ♬*

マカロンレシピ

◆材料(小さめ20個分)

~マカロン本体~

  • 卵白       :35g(約1個分)
  • アーモンドプードル:35g(a)
  • グラニュー糖   :30g
  • 粉砂糖      :40g(a)

 

~バタークリーム~

  • バター   :50g
  • 卵黄    :1個
  • グラニュー糖:10g
  • 水     :小さじ1

 

◆作り方

~下準備~

  • (a)をふるっておく

 

  1. 卵白を泡立て器で泡立てる。
  2. 泡立ち始めてきたら、2~3回にわけてグラニュー糖を加える。
  3. しっかりツノが立ち、ツヤが出て固いメレンゲになったら、メレンゲにふるった粉類を数回に分けてヘラでさっくりと混ぜながら加える。
  4. ボウルを片手で回し、まんべんなくメレンゲを潰さないように混ぜる。
  5. 馴染んできたら、ヘラで生地の表面を潰すようにマカロナージュする。
  6. 生地が柔らかくなってきたら、ヘラを持ち上げて生地がリボン状に垂れるか確認する。垂れて落ちた生地の後がゆっくりと消えていき、生地に光沢がでるのがベストな状態です。
  7. 生地を5~10mmの丸口金を付けた絞り袋にそっと入れて、鉄板に敷いたクッキングシートに3~4cm程の円の大きさに生地を絞り出す。
  8. 口金をクッキングシートから1~2cm離して、垂直に構えたら、固定したまま生地を絞り出します。最後は少し斜めに持ち上げるように切るといいです。
  9. 指で生地を軽く触った時に指に付かない程度、乾燥させる。
  10. 秋や冬など乾燥している季節の場合は、

    30分経ったら生地を触ってみて確認しましょう。

    湿度の高い夏場はもちろん、冬でも1~4時間かかることが

    あるので、焦らずゆっくり乾燥するのを待ってください!

  11. 160℃に予熱したオーブンで6分ほど焼きます。オーブンの扉を開けるとオーブン内の温度が下がるので、なるべく素早く生地を入れましょう。
  12. すぐに温度が下がってしまうオーブンの場合は、

    170~200℃で予熱し焼くときに160℃にさげましょう。

  13. 表面が固まってマカロン底面からフリルのような足(ピエ)が出てきたら、一瞬オーブンの扉を開けて温度と湿度を逃がし、130℃で10分前後焼きます。
  14. 焼き上がったら、鉄板ごと取り出し、そのままの状態で冷まします。鉄板からすぐに取り出すと、急激な温度変化でマカロンの形が崩れてしまうことがあるので、注意が必要です。

バタークリームレシピ

~下準備~

  • バターは常温に戻しておく

 

  1. ボウルに卵黄を入れて、白っぽくなるまでホイッパーで泡立てます。
  2. 小さめの鍋やフライパンに水とグラニュー糖を入れて、火にかけてとろっとしたシロップを作ります。
  3. シロップが熱い間に、卵黄を混ぜているボウルに少しずつ足しながら、卵黄を素早く混ぜます。
  4. このとき、一度に熱いシロップを卵黄に加えると

    熱で固まる原因になるので、少量ずつ入れてください。

    ホイッパーの近くにシロップを垂らして、

    すぐにシロップと卵黄が混ぜられるようにしましょう。

  5. シロップと卵黄が混ざって、もったりとしたクリーム状になるまでさらに混ぜます。
  6. 常温になったバターを少しずつ加えては混ぜる、を繰り返してなめらかになったら完成です。マカロンに絞り出すために、口径5~10mmくらいの丸口金をつけた絞り袋にいれておきましょう。
  7. 出来上がったマカロン本体に0.5cm程クリームを絞りくっつけて完成です。
  8. できたてより、クリームを挟んでから冷蔵庫で1~2日保存してから食べる方が、生地とクリームが馴染んで、できたてより格段においしく食べることができますよ^^

 

マカロンは、家にあるオーブンの特徴をわかっていないと
始めは上手に焼けないかもしれません・・・
何度も焼いてみて、自宅のオーブンの特徴を覚えてくださいね!

ぜひ簡単な、なめらかプリンから挑戦してみてください!♡

\クリックお願いします♪/

ブログランキング・にほんブログ村へ

      
    人気ブログランキング

焼菓子 冷たいお菓子
スポンサーリンク
\Follow Me/
Nounours Montblanc~お菓子とカフェと結婚式~

コメント

タイトルとURLをコピーしました