3大挙式スタイルについて

スポンサーリンク
wedding

こんにちはrikuです^^
いつもご覧くださりありがとうございます!

本日は結婚式知識編より、「挙式スタイル」についてご紹介いたします!
挙式スタイルは、大まかに3つに分かれています。

・教会式
・人前式(じんぜんしき)
・神前式(しんぜんしき)


教会式で挙げている人が半数以上を占めており、
人前式、神前式という順番で人気があります。
挙式スタイルによって、雰囲気もメリット・デメリットも異なりますので
それぞれのスタイルについてご紹介してまいります^^

3大挙式スタイル

教会式

キリスト教の儀式にのっとって、挙式会場で神に結婚を誓う挙式スタイルです。
司会進行は牧師で、聖歌隊やオルガニストもいる厳かな雰囲気が特徴です。

【メリット】

  • 家族の絆を感じる演出が多いご家族と、ベールダウンやバージンロードを歩くなど、家族の愛を感じるシーンが多く感動的な雰囲気を作ることができます。
  • 天候に左右されない室内であるため、結婚式当日の天候に左右される心配はありません。

【デメリット】

  • 価格が高い「牧師」「聖歌隊」「オルガニスト」などの手配が必要である分、価格が上がります。
  • ゲストが見飽きていることがある1番人気の挙式スタイルなため、「何回も見ているので正直見飽きた」という声があるのも事実です。
人前式(じんぜんしき)

参列者全員に向けて結婚を誓い、参列者から承認を得る挙式スタイルです。
参列者に証人になってもらうことにより、一体感が生まれ、アットホームな雰囲気で結婚を誓うのが特徴です。

【メリット】

  • 自由度が高い進行に決まりがなく、自分達で自由に決めることができるので、オリジナリティーを出すことができます。
  • 低コストで済む演出内容や人前式を行う場所にもよりますが、他の挙式スタイルに比べ価格が安く済むことが多いです。

【デメリット】

  • 周囲の理解が少ない親御様世代やご年配の方にはまだ認知度が低く、理解を得られないことも多いので、人前式を検討している場合は事前に相談しましょう。
  • 進行内容を考えるのに時間がかかる決まった流れがなく、全て自分達で決めることができるので、こだわると演出を決めるのにも迷って時間がかかってしまう場合があります。
神前式(しんぜんしき)

主に神社で行われることがほとんどで、結婚を祖先の神々に報告するという昔ながらの日本の伝統的な挙式スタイルです。

【メリット】

  • 親族やご年配の方に喜ばれる親御様世代やご年配の方に喜んでもらえたというお声が多く聞かれます。
  • 今後も残り続ける建物であり、挙式後も行事の度に訪れることができる自分が結婚式を挙げた場所で初詣や、お子さんが生まれた後も七五三などの行事ごとに利用できます。

【デメリット】

  • 天候に左右されてしまう神前式は境内を歩く儀式などもあるので、白無垢を着て歩くのも大変な中、雨だと更に足場が悪くなり大変です。
  • バリアフリー対応が少ない神社という歴史ある建物なため、場所によってはバリアフリーの対応がないところがあります。参列者にご年配の方が多い場合は、神社へ直接確認するとよいでしょう。

 

厳かな場所でロマンチックに挙式を行いたいなら→教会式

アットホームにオリジナリティ溢れる挙式を行いたいなら→人前式

和装を着て歴史的な建物で伝統的な挙式を行いたいなら→神前式

 

を選ぶといいと思いますよ!

 

 

挙式会場でも様々な雰囲気があります。
ステンドグラスが輝く、バージンロードがとても長い神聖なところもあれば
海が見える、空が見え自然光が入るところもあります。
また、人前式だと挙式会場にこだわらず、ガーデンで挙式をしたり、
お2人の思い出の場所を貸し切って挙式したりと様々です。

もちろん正解はありませんので、ぜひお2人の好みやイメージに合った
挙式スタイル見つけることができれば幸いです^^

\クリックお願いします♪/

ブログランキング・にほんブログ村へ

      
    人気ブログランキング

wedding 知識編
スポンサーリンク
\Follow Me/
Nounours Montblanc~お菓子とカフェと結婚式~

コメント

タイトルとURLをコピーしました